キャットフードレビュー

【レビュー】ニュートロのキャットフードは様々な考えを持つ飼い主にフィトする選べるラインナップ

投稿日:2018年8月21日 更新日:

ニュートロ

ニュートロは、創業が1924年と歴史があるアメリカのキャットフード です。

キャットフードを選ぶときの目安になるポイントをキッチリ抑えていて優等生的なフードです。

猫はそもそも肉食ですが、日本の猫ちゃんはお魚味に馴染みがあるので、お肉味・お魚味が用意されていたり、グレインフリー(穀物不使用)など様々な考えを持つ飼い主にフィトするよう選べるラインナップになっています。

こちらの記事ではニュートロ ナチュラルチョイスを画像と動画とともにご紹介します。

関連:【レビュー】ニュートロ「デイリーディッシュ」サーモン&ツナ購入。パテタイプは高齢猫でも食べやすい

ニュートロの特徴

  • ペットフード先進国アメリカのブランド
  • ウォルサム研究所の知見をもとに作られたフード
  • AAFCO(米国飼料検査官協会)栄養基準のキャットフード
  • 第一主成分にお肉やお魚が使用されている
  • グレインフリー(穀物不使用)もある
  • 高品質の自然素材を使用
  • キャットフードの種類が豊富
  • 子猫用・成猫用に分かれている

【ニュートロ】ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルト サーモン 2kg

Amazon

今回はAmazonで購入しました。

Amazonでは、ピュリナワン・ヒルズ・ちゅーるなど対象商品が常時10%OFFで購入できたり、定期お得便初回最大50%OFFになる「Amazonプライムペット」というサービスがあります。

Amazonプライムに加入すれば「Amazonプライムペット」が利用できます。

Amazonで頻繁に猫用品を買っている人は「Amazonプライム」を検討してみるといいですよ。

Amazon公式サイトで「Amazonプライム」の詳細を見てみる

 

ニュートロ キャットフード

キャットフード以外にも色々注文したので、キャットフードの部分だけの画像になっています。

Amazonで購入するとラップのようなもので、荷物が固定されていることが多いですが、今回は普通に箱に入っていました。

ラップで固定されていると輸送中に中身が動かず良いのですが、開封する時が大変なので普通に入っていると助かります。

 

ニュートロ キャットフード

購入したのは「ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルト サーモン 2kg」です。

穀物フリーは、サーモン・ダック・チキンの合計3種類のフレーバーがあります。

グレインフリーフードは、ペット先進国 欧米のキャットフードを買っているとよく目にします。

キャットフードに穀物を使用していない理由は、穀物(とうもろこし・オーツ麦・大麦・お米など)が、猫のアレルギーを引き起こしやすいと考えられているからのようです。

 

ニュートロ キャットフード

パッケージ裏面。

アメリカのブランドですが、日本向けパッケージになっているので製品の特徴が分かりやすく記載されています。

 

ニュートロ キャットフード

賞味期限はパッケージ裏面の左下に記載してあります。

裏面の右下には「ウォルサム共同開発」とあります。ニュートロはウォルサムの獣医師や栄養学者と開発された商品です。

「ウォルサム」という会社は、お世話になっている動物病院の先生がオススメされていたメーカーだったので覚えていました。

その時のことは、以下のリンクよりご覧いただけます。

関連:安い国産キャットフード(カリカリ)をあげていたら尿路結石になった。安い餌はナゼよくないのか獣医さんに聞いてみた

 

ニュートロ キャットフード

【原材料】

生サーモン、乾燥チキン、エンドウタンパク、鶏脂*、乾燥ポテト、ポテトスターチ、エンドウマメ、アルファルファミール、ポテトタンパク、ビートパルプ、タンパク加水分解物、大豆油*、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物 *ミックストコフェロールで保存

Amazon商品ページより

こちらの記事でご紹介した「ネコの気持ちがわかる89の秘訣」という獣医師の方が書かれた本で、原材料名は使用量の多い順に記載されていて、そして、第1原材料が穀物ではなく、動物性タンパク質で何のお肉かお魚か記載していると安心できるとありました。

ニュートロは第1原材料がサーモンとなっているのでO.K.ですね。

 

ニュートロ キャットフード

さらに同書では、市販のキャットフードを選ぶポイントとして、「AAFCO(米国飼料検査官協会)」の記載があれば、人の食品に対しての規制と同じようなレベルの審査に合格しているので安心の目安になるとありました。

ニュートロは「AAFCO栄養基準」と記載されているので安心ですね。

原産国はアメリカです。

 

ニュートロ キャットフード

袋を開けたところ。

袋の口の部分はあまり大きく開けることが出来ないので、そのまま使うのは難しそうです。

ジッパー付きなのでキャットフードの美味しさを保ってくれますね。

 

ニュートロ キャットフード

直径1.3cmぐらいの細長く大きめなキャットフードでした。

色は茶色で、お魚味なのでニオイはそれほど強くありませんでした。

実食レビュー

さっそく我が家の猫にあげてみました。動画に撮ったので、よかったらご覧ください。

我が家の猫は美味しそうに食べました。

キャットフードのニオイはそれほど強くなかったので猫の食欲をそそるか心配していましたが、勢いよく美味しそうに食べていて満足そうでした。

キャットフードは細長く大きめで人間のサプリメントぐらいのサイズ感だったので、噛んで食べる猫ちゃんに向いています。

一般的なキャットフードに比べると大きめなので食べにくそうに見えましたが、普通に食べていました。

噛んで食べるデメリットとしては歯石が溜まりやすいことです。

いつもお世話になっている動物病院の獣医さんに、噛んで食べると歯石がつくので、飲み込んだほうが良いと聞いたことがあります。

とは言っても猫も自分が好きな食べ方をするので、噛んで食べるタイプの猫ちゃんは歯石がたまらないよう入念に歯磨きをした方が良いですね。

今まで様々なキャットフードを購入してきましたが、多くがフードの周りに粉がついていました。

粉っぽいと歯石がすごくつきそうなイメージなのですが、ニュートロは粉っぽさがなかったので、歯石はつきにくそうな印象を受けました。

いずれにせよ猫もハミガキは必須で、週1回ぐらいのペースでした方がいいと獣医さんに言われました。

猫のハミガキは大変なので歯石が溜まりにくそうなフードを選ぶのも良いですね。

関連:【レビュー】リペアンを使って猫の歯石を取ってみた。引っ掻かれたり噛まれたり大変だった

ニュートロはこんな人にオススメ

  • 中間帯価格のフードを求めている人
  • 大粒フードが好みの猫ちゃんを飼っている人
  • グレインフリーのフードを求めている人

ニュートロは高級キャットフードに比べると購入しやすい価格帯になっています。

毎日食べるキャットフードなので、無理せず続けられる価格帯は助かりますね。

好き嫌いが多い猫ちゃんにも美味しく食べてもらえるように、お肉系とお魚系のフードそれぞれが用意されていたり、様々な飼い主さんの考えにフィットするようなラインナップになっています。

ニュートロ キャットフードが気になった人は以下のリンクからチェックしてみてください。

楽天でのお買い物は「ペット割」に登録するとお得

楽天で猫用品を購入している人は「ペット割」に登録していますか?

ペット割に登録しているとメールでメンバー限定のクーポンやポイントUPなどお得な情報が届きます。

登録は無料で飼っている猫の情報を入力するだけなので1分ぐらいで終わります。

せっかくお得にお買い物ができるのに登録していないともったいないですよ。

毎月お得なキャンペーン情報が届く「楽天ペット割」の無料登録はこちら

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

大粒キャットフードまとめ(1cm以上)

小粒キャットフードまとめ(1cm未満)

全部試しました!レビューしたキャットフードまとめ&お気に入りランキング

-キャットフードレビュー

執筆者:

関連記事

ブルーバッファローのキャットフード

【レビュー】ブルーバッファローのキャットフードを買ってみた。小粒好みの猫ちゃんにオススメ!

「ブルーバッファロー(Blue Buffalo)」というアメリカのキャットフードを買ってみました。 健康な猫ちゃんが食べる「一般食」と病気になった猫ちゃんが獣医師の指導のもと食べる「療法食」があるよう …

ブラバンソンヌ キャットフード

【レビュー】ブラバンソンヌ キャットフードお試しサンプル購入。猫の食いつきがよく注文決定!

「ブラバンソンヌ」というベルギー生まれのキャットフードが日本に初上陸したので、さっそくお試しサンプルを注文してみました。 お試しサンプルは1袋50g入りが3セットになっていて価格は300円で送料は無料 …

カナガンのキャットフード

カナガンキャットフードはチキンたっぷり60%以上!肉肉しいニオイで猫のテンションが大幅アップした!

イギリスの高級グレインフリーキャットフード『カナガン』を買ってみました。 カナガンは株式会社レティシアンがイギリスから輸入し日本で販売しているキャットフードでテレビCMもやっています。 肉食動物の猫ち …

ピュリナワンのグレインフリーキャットフード

【レビュー】ピュリナワンからグレインフリーが登場!大企業だからできるお手頃価格

ネスレ「ピュリナワン」からグレインフリー(穀物不使用)ドライフードが新登場しました。 新商品の価格は、ピュリナ ワンのドライフードの中ではお高めですが、他の欧米系ブランドと比較するとお手頃価格で購入し …

フリスキーキャットフード

【レビュー】ネスレ フリスキーキャットフードは激安だけどAAFCOの基準を満たしている

ピュリナワンやモンプチでお馴染みネスレのキャットフード「フリスキー」を買ってみました。 フリスキーキャットフードの特徴は、激安価格なのにAAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たしている点です。 「 …