ペットシーツが天ぷら油を捨てる時に大活躍!トイレシートの意外な使い方

記事内に広告が含まれています。

LOHACO限定ペットシーツ

「たった大さじ4の油で揚げ物をする」といった少ない油で唐揚げや天ぷらを揚げるのが人気ですよね。

大量の油を使うと捨てる時に困るので、できれば少量ですませたいと思っている人は多いと思います。

だけど料理があまり得意ではないので、少量の油で揚げるとあまり美味しく仕上がらないので、ある程度の油を使って揚げ物をしています。

大量の油の捨て方は、日清オイリオのサイトで紹介されている牛乳などの紙パックに新聞紙を詰めて油を染み込ませる方法を参考にして捨てているのですが、我が家にはどちらもなく、それに代わるものがないんですよね。

そこで思いついたのが「ペット用トイレシート」です。

システムトイレで使っているトイレシーツは猫のオシッコを吸収してくれます。

天ぷら油も吸収してくれるか試したところビンゴ!

新聞紙よりも吸収力があるので漏れる心配がありません。(ペットシーツが吸収できる容量をオーバーすると漏れます。)

ペットシーツを使った天ぷら油の捨て方

ペットシーツを使って油を捨てる場合は以下のようにしています。

  1. 冷ました油をペットシーツにしみ込ませる
  2. 自然発火を避けるため水もしみ込ませる
  3. ビニール袋やポリ袋にペットシーツを入れて漏れないよう口を閉める

LOHACO限定ペットシーツ

ペットシーツを広げます。

一般的なペットシーツは「薄型」と「厚型」があり、サイズは「レギュラー」と「ワイド」があります。

画像のペットシーツは、厚型のレギュラーサイズ(34 x 45 cm)です。

だいたい新聞片面の1/2強ぐらいの大きさです。

 

天ぷら油の捨て方

油と水をシートにしみ込ませた状態です。

我が家の油の量(150~200ccぐらい)だと、薄型は2枚、厚型は1枚必要になります。

 

天ぷら油の捨て方

臭いが漏れないことで有名なゴミ袋「驚異の防臭袋 BOS(ボス)」に入れて捨てています。

購入はホームセンター・ドラッグストア・ネット通販で

LOHACO限定ペットシーツ

トイレシーツは薄型も厚型も1パッケージ1,000円ぐらいで販売されています。

ホームセンターやドラッグストアだとペットコーナーに置かれています。

ペットシーツはかさばるし、普段ホームセンターやドラッグストアへ行かない人はネット通販が便利です。

画像のペットシーツは、LOHACOのオリジナル商品のペットシーツです。

LOHACOは、様々な企業とコラボをして生活に馴染むオシャレなオリジナルパッケージ商品を販売しているので、気になる人は以下のリンクからチェックしてみて下さい。

LOHACO公式サイトでロハコ限定ペットシーツを見てみる

さいごに

ペットシートを使うと天ぷら油の処理が本当に簡単です。

油以外には、飲み物をフローリングやカーペットにこぼした時もペットシーツでさっと吸収させてると掃除が楽です。

フキンだと何度もふく必要がありますが、吸収力があるペットシーツだと一瞬です。

ペットがいなくてもストックしておくと日常生活でいろいろ活役してくれますよ。

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

ウンチが臭わない袋BOS(ボス) SSサイズを使用した感想

【レビュー】カンファペットは驚異の消臭力!最安値は定期購入

インスタグラムやってます

タイトルとURLをコピーしました