【レビュー】驚異の防臭袋BOS(ボス)ストライプパッケージ Mサイズ 黒

記事内に広告が含まれています。
BOSストライプMサイズ

今回は「驚異の防臭袋BOS(ボス)ストライプパッケージ Mサイズ」の購入レビューです。

Mサイズは、多頭飼いしている人、猫1匹だと数日分のゴミを入れたい人、厚手のトイレシートを使っている人に向いています。

驚異の防臭袋BOS(ボス)ストライプパッケージ Mサイズ 黒

BOSストライプMサイズ

BOSのストライプパッケージ Mサイズは90枚入です。

カラー展開は、水色・ピンク・クリームイエロー・ラベンダー・ミントグリーン・白色・黒色・透明グリーン・透明の全9色あります。

今まで買ったことがある色は、クリームイエロー・ラベンダー・ミントグリーンの3色で、どれもカワイイ色でした。

 

BOSストライプMサイズ
  • 特徴:特許出願済みの驚異的な防臭力を有する高機能素材
  • 用途:ペット・おむつ・介護・生ゴミ
  • 原料樹脂:ポリエチレン他
  • 耐冷温度:-30℃
  • 生産国:日本製

 

BOSストライプMサイズ

上から見ても横から見てもサイズ表示があるので、複数サイズを使っている人でも分かりやすいです。

 

BOSストライプMサイズ

Mサイズの箱はラップの箱を一回り大きくしたようなサイズ感です。

今まで、SSサイズ・Sサイズ・Lサイズしか使ったことがなかったのですが、これらのサイズの箱の大きさは似ていてMサイズだけスリムな細長い箱でした。

マチなしタイプの外箱だけが細っそりスリムになっているようです。

ちなみにMサイズには「マチあり」と「マチなし」の2種類あります。

ストライプタイプは「マチなし」です。

  • マチありタイプ:イヌ用・生ゴミ用・ベビー用
  • マチなしタイプ:ネコ用・ストライプシリーズ・大人用

ネコ用・イヌ用・生ゴミ用のように分かれていますが、パッケージのデザインや袋の色が違うだけで製品の防臭機能は同じです。

マチありタイプとの比較はこの記事の下にあります。

 

BOSストライプMサイズ

袋の取り出し口部分は厚紙で少し硬いので爪が短いときれいに取り外すのが難しいです。

BOSの外箱はしっかりした厚みがあるので潰れにくく安心感があります。

 

BOSストライプMサイズ

箱に袋が詰った状態だと1度に2~3枚の袋が出てくるかもしれませんが、コツをつかむと1枚だけ取り出すことができます。

 

BOSストライプMサイズ
  • サイズ:縦38 x 横23 (cm)
  • 袋の厚さ:0.02mm
  • マチ:なし

 

BOSストライプMサイズ

箱入りティッシュと比較してみました。

 

BOSストライプMサイズ

袋の内側は黒ではなく灰色っぽくなっていました。

今まで購入したBOSの袋は表も裏も色は同じでした。

ブラックは他と仕様が少し違うようです。

ブラックは他の色より袋の強度が強そうに感じたのですが、袋の厚みはどの色も同じ「0.02mm」でした。

 

BOSストライプMサイズ

幅広のスコップでもラクラク入ります。(スコップはデオトイレの付属品です)

 

BOSストライプMサイズ

袋の中に手を入れてみたのですが透け感がありません。

 

BOSストライプMサイズ

全く透けていません。

 

驚異防臭袋 BOS ストライプ

こちらは以前購入したラベンダー(SSサイズ)です。

BOSの袋はどの色もこのくらいの透け感があるのが一般的です。

感想

BOSの袋は薄いのでブラックも透けるものと思っていたのですが、袋の厚みは同じなのに透けませんでした。

ブラックは中身が見えることに抵抗がある人にオススメです。

1枚の袋で3~4日分入るので、袋がいっぱいになってくると重くなるので破れそうで心配になりますが、今まで破れたことはありません。

横幅もそれなりにあるので大きめのスコップでも猫砂の塊を入れやすいです。

ペットシートは薄手はもちろんのこと、たっぷりオシッコを含んだ厚手でも入れやすいです。

BOSの袋は薄手ですが、すぐに破れたりせず、しっかり防臭してくれます。

10日ぐらい経ってもニオイが漏れて困るということはありません。

1度使うと手放せなくなりますよ。私も何度もリピートしています。

透け感のない薄手の防臭袋を探している人は、以下のリンクからBOSストライプシリーズのブラックをチェックしてみてください。

Mサイズ「マチあり」と「マチなし」を比較

BOS Mサイズ 比較

こちらでは、Mサイズの「マチあり」と「マチなし」を比較してみました。

向かって左側の犬用が「マチあり」で、左側のストライプが「マチなし」です。

 

BOS Mサイズ 比較

「マチあり」の外箱はSSサイズに近いと感じました。

 

BOS Mサイズ 比較

マチを広げていない状態で比較してみました。

 

BOS Mサイズ 比較

マチを広げていない状態で重ねてみました。

 

BOS Mサイズ 比較

「マチあり」と「マチなし」の袋のサイズは同じです。

マチを広げるとサイズは同じになります。

 

BOS Mサイズ 比較

マチを広げた状態で重ねてみました。

出し入れ口の幅は同じですが、底の幅は「マチあり」の方が短めです。

他のサイズの購入レビューはこちら

驚異の防臭袋BOS(ボス)ストライプパッケージ

ウンチが臭わない袋BOS(ボス)SSサイズを使用した感想

ウンチが臭わない袋BOS(ボス)Sサイズを使用した感想

ウンチが臭わない袋BOS(ボス)Mサイズ(マチあり)を使用した感想

ウンチが臭わない袋BOS(ボス)Lサイズを使用した感想

猫砂も猫のウンチも処理できる生ゴミ処理機「ワンニャクスル」

OneNya NAXLU

ワンニャクスルは猫砂も猫のウンチも処理してくれる生ゴミ処理機です。

一般的な生ゴミ処理機はペットのウンチを入れることはできません。

ワンニャクスルは、中身がほとんど増えないので取り出す必要がなく手間いらず、音が静かで冷蔵庫と同じぐらいの音なので夜も使うことができます。

ワンニャクスルは購入者の満足度が高くレビューでも買ってよかったという声が多いのですが、最大のネックが価格です。高いのです。

生ごみ処理機購入に関しては、自治体によって補助金を出しているところがあるので、お住いの市区町村のHPを確認することをオススメします。

ニオイに関する悩みから開放してくれるので、気になる人は以下のリンクからチェックしてみて下さい。

▶ 公式サイトで見る:OneNya NAXLU

よろしかったらこちらの記事もどうぞ

猫のウンチが臭わない防臭袋7選

【猫砂トイレつまり】水のトラブル専門業者まとめ

猫用品を買うときにオススメなクレジットカード5枚

タイトルとURLをコピーしました