【レビュー】驚異の防臭袋 BOS(ボス) Lサイズ購入。マチ付大容量で使いやすい

記事内に広告が含まれています。

驚異の防臭袋 BOS(ボス)Lサイズ」を買ってみました。

Lサイズの特徴はマチがあってたっぷり入るゴミ袋です。

月に1回猫砂を交換して捨てるときに使っていて、大容量なので一袋で十分収まります。

大きい袋なので生ゴミを捨てたり、災害時に人間のトイレのゴミを入れたりすることもできます。

こちらの記事ではボス Lサイズの特徴やサイズ感、使った感想を画像付きでご紹介します。

 BOS (ボス)驚異の防臭袋 Lサイズ

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ

パッケージが犬用・猫用と分かれていますがゴミ袋の効果は同じです。

Lサイズは一箱90枚入りです。

 

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ
外箱の大きさはこんな感じです。

薄手のボックスティッシュと比較してみました。

 

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ

パッケージ裏面は製品の特徴や使い方が書かれています。

原料樹脂はポリエチレン他となっています。

安心の日本製です。

真夏でもニオイはもれません!

 

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ

フタを開けてみたところ。

フタを取ってしまうと何サイズか分からなくなってしまいます。

 

驚異の防臭袋 BOS  Lサイズ

サイズは横に書かれてありました。

複数サイズを使っていると、パッケージのデザインが同じで箱のサイズも同じだった場合、分かりにくいので、表面にサイズ記載があった方が使いやすいと思いました。

 

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ
1枚ずつ取り出しやすくなっています。

ちゃんと1枚ずつ出てきて使いやすいです。

 

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ

縦長の袋です。

袋の薄さはロングタイプと同じです。

サイズは「30cm×40cm」です。

 

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ
Lサイズというと大きな袋をイメージするかもしれませんが小さめです。

購入する前サイズを確認して買って入るのですが、実際に見るとやっぱり小さいという印象です。

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

ペットシーツ(薄型)と重ねてみました。

幅は同じぐらいに見えますが、マチがあるので大きく開きます。

 

BOS (ボス)うんちが臭わない袋 Lサイズ底にマチはありませんが、横にマチがあるので口が大きく開いて入れやすくたっぷり入ります。

 

驚異の防臭袋 BOS (ボス)

デオトイレに付属していたスコップを入れてみました。

SサイズやSSサイズを使い慣れているとかなり大きく感じますね。

 

驚異の防臭袋 BOS (ボス)

ダイソーで買った生ゴミなどを捨てるときに使うキッチンスタンド(大)にちょうどフィットするサイズ感です。

これがあると月1回の猫砂を捨てるときに、猫トイレから直接流し入れることができるので便利です。

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

トイレに置くような14cm角の小さなゴミ箱にセットしてみました。

使っているゴミ箱については以下のリンクからご覧いただけます。

【レビュー】猫専用のゴミ箱にガルバのスクエアダストボックス購入。BOSうんちが臭わない袋を使えば部屋に置いてもOK

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

ペットシーツ20枚を袋に入れてみます。

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

ペットシーツ20枚入れてもまだ余裕があります。

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

このゴミ箱は密閉ではないので、クリップで止めておく必要があります。

こうすれば臭いは漏れません。

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

捨てるときはしっかり結びます。

BOS公式サイトで紹介されている使い方です。

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

公式サイトでは画像のようにねじってから結ぶよう紹介されています。

ねじることで臭いがもれにくくなるんだと思います。

 

驚異の防臭袋 BOS Lサイズ

BOSは機能性ゴミ袋で通常のゴミ袋に比べて値段が少し高いので、袋いっぱい詰めて捨てたい場合はテープで止めてもOKです。

テープで止めるときも結ぶときと同様にねじっています。

使った感想

用途としては、月に1回猫砂を交換するときに、古い砂を入れたり、システムトイレやオシッコが固まる猫砂を使っている冬に数日分のゴミを入れたりしています。

暑い夏は、数日分を入れると、ゴミ袋を開けたときのニオイに耐えられないので、Sサイズを使ってその日のゴミはその日のうちに捨てるようにしています。

Lサイズはマチがあって大きく開くのでゴミが入れやすいです。

特に厚手のペットシーツを使っているときは、他のサイズだと入れにくいと感じることがあるのですが、Lサイズだとスムーズでストレスがありません。

BOSはサイズ展開が豊富で、どのサイズにするか迷っている人もいるかもしれませんが、使っている猫砂のタイプや季節、ゴミを捨てる頻度などを考えて、ご自身にあった最適なサイズを見つけてください。

BOSの商品が気になった方は以下のリンクからチェックしてみて下さい。

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

ウンチが臭わない袋BOS(ボス) SSサイズを使用した感想

ウンチが臭わない袋BOS(ボス)Sサイズを使用した感想

【猫】驚異の防臭袋BOS(ボス)はどのサイズがいい?SS/S/Lを比較

タイトルとURLをコピーしました